根強い人気の「DIY」についての基礎を株式会社WOODPROさん にお伺いしました。

vol.152017.08.1

根強い人気の「DIY」についての基礎を株式会社WOODPROさん にお伺いしました。

最近よく聞く「DIY」ってなに?

DIYとは、Do It Yourselfの頭文字をとったものです。人任せにしないで自分でやってみる、というのはとても潔いスピリットだと思います。そしてそれは同時に、自分の考えや経験と向き合い、自身の暮らしをデザインすることです。
たとえば家庭菜園というのは、ものすごいDIYだと思います。この季節は何を育てよう?どの土を選ぼう?日当たりはどう?水やりの適量は?収穫時期は?と、もう調べることが山のようにあって、ものすごい労力と時間を費やします。これなら、スーパーで野菜を買う方がよっぽど効率的です。でも、それ以上に家庭菜園で野菜を作る楽しさや満足を感じることができるなら、それも一つの幸せな暮らしですよね。DIYを通して、自分のライフスタイルを考えるきっかけになるのではないでしょうか。

マンションでDIYを楽しむ時に気を付けたいこと

マンションは複数の世帯で住む場所を共有しているので、音や振動や臭いについては、十分注意をしましょう。また、共用部分や管理規約事項についてはよく知っておく必要があります。例えば玄関ドアの外側は共用部分になりますし、ベランダは避難経路や避難ハッチを邪魔しないように管理規約があります。
最近では資材を販売しているお店で作業も出来るサービスがあります。周りを気にすることも無く、専門家のアドバイスも得られるスペースはDIY初心者から、大作を創りたい方まで楽しんで頂けるのでお勧めです。

まずは気軽にDIYを始めてみませんか

自分で気軽に始められるDIYとして、まずはお部屋の中の壁面の一部分を変えてみてはどうでしょう。壁面は目に入りやすい場所なので、そこが変わるだけでお部屋の印象が大きく変わってきます。壁面のDIYでオススメなのが、ディアウォールなど、突っ張りグッズです。【写真①】

これなら壁も床も天井も傷つけずに、柱を立てることができます。例えばこれで柱を2本立てて、その間にベニヤを貼れば、現状回復不要の簡易的な壁を作ることができます。この壁なら、画鋲でもビスでもなんでも打ち放題。現状の壁と同色の塗装をして、お部屋に溶け込ませることもできるし、逆に真っ赤な攻めた壁色にもチャレンジできます。塗装をチョークペイントにすることで、お子様の落書きが楽しめたり、おしゃれなバーのメニューボードのような使い方もできます。【写真②】

また、最近流行りなのはベニヤではなく有孔ボードを使った魅せる収納壁。見た目がカッコイイだけでなく、整理整頓もしやすい機能的な壁になりますね。そこまでやるのも難しそう、という方には女性に人気のマスキングテープ、mtのCASAシリーズで簡易的な壁紙貼りが良いかもしれません。

マスキングテープは元々、工事現場で養生テープとして使用されていました。壁材を気分を変えたいと思った時も簡単に貼ったりはがしたりできるのでお勧めですよ。例えば、写真を壁に飾りたいときは、枠をマスキングテープにしてみる。また、子供部屋の壁にカラフルなマスキングテープを張ってみるなどすると楽しく過ごせます。【写真③】

【写真①】ディアウォール 整理棚を作るよりも簡単なので、初心者の方にもお勧めです。

【写真②】チョークペイント チョークペイントはご家族の掲示版にも なります。

【写真③】マスキングテープ 最近では、様々なタイプのマスキングテープが販売されています。

最後に

DIYというのは、自分でやる、その体験の喜びにこそ価値があると思います。どうしたらカッコよくなるかな、どうやったら使いやすくなるかな、と考えることもDIYの醍醐味なので、ぜひチャレンジしてみて欲しいです。
まずは人のマネから始めるのがいいかもしれません。大事なのは、自分でやること。体験の蓄積は、絶対に自信につながりますよ。


WOODPRO BASE マネージャー 井谷 大介

collage.fw_r16_c5